↓↓↓↓↓↓読み始める前に、まずはポチッと!

haniwa.jpg

ジャージ

仕事から家に帰った時のこと・・・。

 

はにわ 「ただいまー。」

嫁 「あんたジャージなんか落としてないわな~?」

はにわ 「なんや、いきなり?」

嫁 「いや、娘がな~」

 

『お父さんのジャージが落ちてた~!』

 

嫁 「って言うねんけどな~。違うわな~。」

 

私は電車通勤で、娘より早く出勤してます。

ちなみに娘は、小学校1年生で、同じ駅の電車で小学校に通ってます。

なので、駅のホームまでの階段は一緒です。

 

はにわ 「・・・。」

嫁 「なんでも、地下鉄の階段の手すりにジャージのズボンが

かかってたのを見つけて、『お父さんのや!』と思ったらしいねんけど・・・。」

 

嫁 「そんなんありえへんわな~!

 

はにわ 「ジャージ・・・?!」

嫁 「娘には、お父さんはそんなとこで着替えへんし違うで~

というてんけどな~」

はにわ 「ははは、そんなん僕の物のわけ・・・・・・。」

 

 

 

はにわ 「・・・・・・そういえば。」

 

 

がさごそ、ガサゴソ!

 

 

嫁 「何してんの?」

はにわ 「いや、確かリュックの中にジャージが・・・。」

はにわ 「リュックの中にない~!な、ない~!(汗)」

嫁 (絶句!)

嫁 「ほんなら、やっぱりあのジャージは、あんたのなん?」

はにわ 「・・・う・・・ん!」

 

嫁 「ありえへん!」

 

はにわ 「・・・そやね。」

嫁 「何してんのはずかしい!」

はにわ 「すみません!でも何で娘は僕のジャージ

って分かったんやろう?」

 

はにわ 「なあ、娘よ!何で落ちてたジャージが,ちちのやと思ったん?」

娘 「におったから?」

はにわ 「へ?」

娘 「におい嗅いでみたら、」

 

「お父さんの臭いがしたから!!」

(大きい声+元気よく!)

 

駅長室までジャージを取りに行きましたが、

落とし物として届いてました。

 

間違いなく僕のでした・・・。

 

・・・ものすごい複雑な心境でした。

 

"はにわのつぶやき"のホームに戻る

 

コメント(0) 2008年9月11日

カテゴリー分け

エントリー分け

http://haniwa.mise1.com/2008/09/jya-ji.php