↓↓↓↓↓↓読み始める前に、まずはポチッと!

haniwa.jpg

大阪くらしの今昔館

大阪くらしの今昔館に行ってきました。


今回は阪急線に乗っていきました。


「天神橋筋六丁目」駅下車 して

3号出口を目指すと、「大阪くらしの今昔館」のあるビルの

地下入り口を見つけることができます。

大阪くらしの今昔館 地下入り口

淡路駅方面からだと、後ろの方に乗っていくと

3号出口に近くて良いです。


ちなみに1階の入り口の風景です。

建物名は大阪市立住まい情報センターです。

大阪くらし今昔館1階入り口


「大阪くらしの今昔館」の入り口は

このビルの8階になります。

大阪くらしの今昔館入り口


中にある建物の模型が、入り口前にありました。

大阪くらしの今昔館模型


この長いエスカレーターで、8階から10階迄上がります。

大阪くらしの今昔館エスカレーター


入り口前で見た模型の実物大の建物が

眼前に広がります。

大阪くらしの今昔館建物

大阪くらしの今昔館建物


階段で下の階に下りると、今見た建物の所に行けます。

大阪くらしの今昔館階段


到着

大阪くらしの今昔館

「近世の大坂」です。

江戸時代なので「大阪」ではありませんね。

大阪くらしの今昔館商屋

この風景は、江戸時代の大坂の商家の店先を再現しています。

建物の中も、昔の造りを再現しています。


そして、当時の賑やかな商家の様子を楽しめます。


昔の薬屋さん。今で言う薬局ですね。

大阪くらしの今昔館薬局


昔の台所風景

大阪くらしの今昔館台所

結構さわって遊べます。


近代大阪の歴史を、映像や模型で説明で説明してくれます。

足下には、そのころの大阪の地図が見られます。

大阪くらしの今昔館 近代


近代大阪の模型。

大阪くらしの今昔館 近代建物模型

模型の向こう側には、昔使っていた電気製品などが

展示されています。さわれるモノもありました。

映像が動き出し説明が始まると、説明されている時代の

模型部分がライトで照らされて動き出します。


明治45年(1912)に開業した一大歓楽地「新世界」

通天閣とルナパーク

大阪くらしの今昔館 通天閣とルナパーク

・・・幻想的ですね。とても綺麗です。

場所

大阪市北区天神橋6丁目4-20


大きな地図で見る

アクセス

地下鉄谷町線・堺筋線、阪急線「天神橋筋六丁目」駅下車
3号出口より住まい情報センター建物の地階へ連絡、
エレベーターで8階へ。
JR大阪環状線「天満」駅から北へ徒歩7分
TEL 06-6242-1170
休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)
祝日の翌日(日曜日、月曜日の場合を除く)
第3月曜日(祝日、振替休日の場合はその週の水曜日)
年末年始(12/27~1/3)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
入館料 一般600円団体540円(20人以上)
■学生料金の導入平成18年4月1日から学生料金が導入されました。
(学生証等要提示)高・大生 300円団体 270円(20名以上)
※中学生以下、障害者手帳持参者、市内在住の65歳以上の方は無料
(証明書要提示)
※特別展開催期間中は別料金となります。
公式HP http://house.sumai.city.osaka.jp/museum/frame/0_frame.html


管理人のやる気につながります!

応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
haniwa.jpg

"はにわのつぶやき"のホームに戻る


コメント(0) 2009年11月14日

カテゴリー分け

エントリー分け

http://haniwa.mise1.com/2009/11/osakakurashinoimamukasikan.php