↓↓↓↓↓↓読み始める前に、まずはポチッと!

haniwa.jpg

カブトムシ飼育の失敗1

カブトムシの幼虫を1匹死なせてしまいました。


カブトムシ飼育ケースで紹介していましたが、

この時の青いケースで飼育していた幼虫が

死んでしまいました。


原因は、水分不足による脱水だと思われます。



注意!!幼虫の死骸の画像があります




幼虫の大きさの比較画像

幼虫の死骸

元気なオスと思われる幼虫との大きさ比較。

(死んだ方はメスかなあ?)


性別を差し引いても、かなり縮んでいます。

おしりの部分がかなり凹んでいます。


左の元気な幼虫のお尻は、みずみずしくて光っています。


同じ青い飼育ケースで買っていたもう1頭の幼虫の方も、

縮んでいましたが、何とか生きていました。


急いでペットボトルに移し替えて、水分を補給させました。

(ペットボトルの底(キャップ部分)に水たまりが出来るくらい・・・。)


緑のフタの方の幼虫も脱水気味だったので

急いで水分補給をしました。


室内で飼育していたので、結露(けつろ)を気にして

わざと水やりをしなかったのが裏目に出ました。


カブトムシ用の昆虫マットで買ったくぬぎのマットは

保湿性は今ひとつなので、マメな水やりは必要だったかも?


それと、少し前に買ってきた飼育マットの

土の成分が、今ひとつな感じがしていました。


買ってきた飼育マットの袋からマットを出した時

そんなに手荒に出してないのに、

細かい土煙が上がってきました。


その時は冬場のせいか、

「土が悪いなあ」という感じでした。


これも保湿性は今ひとつのようでした。



管理人のやる気につながります!

応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
haniwa.jpg

"はにわのつぶやき"のホームに戻る


コメント(0) 2010年4月 3日

カテゴリー分け

エントリー分け

http://haniwa.mise1.com/2010/04/beetle_death.php